職務質問ってどこまで許される?

1 はじめに


みなさんは職務質問を受けたことがありますでしょうか。急いでいるときに職務質問をされると面倒ですよね。今回は、そんな職務質問についてのお話です。

2 職務質問の根拠条文


職務質問の根拠となる条文は、警察官職務執行法にあります。この条文ですね。

第2条1項 警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。

つまり、①不審者と②参考人的立場にある者を、a停止させてb質問することができるという条文になります。

3 職務質問の要件


まず、「異常な挙動その他周囲の事情」という要件ですが、持っている物や服装や動作や態度など、さまざまな事情を考慮して、不自然であるということを意味します。たとえば、バールを持って住宅の中を1件1件除いている人がいた場合、空き巣を狙っていると推測することができますので、職質の要件を満たします。

次に、「何らかの犯罪」という要件になっているので、具体的に犯罪が特定されている必要はありません。

続けて、「相当な理由」とありますが、これは、何らかの犯罪を犯し、または犯そうとしているとの疑いを抱くことに一応の客観的な合理性があることを意味します。一般的な感覚で言いますと、何かしらの理由をつけて「やってそうだよね」と言える程度でしょうか。

そして、これらの判断が合理的にできる場合でなければなりません。警察官の主観にとどまったり、恣意的な判断ではダメだということですね。

4 職務質問の限界


これまでの裁判例において、適法とされた職務質問としてはたとえば以下のものが挙げられます。

・相手方の肩をつかむ

・自転車の荷台をおさえる

・「なぜ逃げるのか」「逃げると余計に怪しまれるぞ」といった発言をする

・車の窓から手を入れてハンドルを握る

・ハンドルとドアをつかむ

・警察車両数台で道をふさぐ

・運転免許証をすぐに変換しない

・注射痕確認のため手首を調べる

逆に、違法と判断された職務質問としては、たとえば以下のものが挙げられます。

・後ろから抱き止め、階段踊り場に転倒させ、数人がかりで押さえつけ、手錠をかける

・「止まらなければ逮捕する」「逃げると撃つぞ」

・首筋を掴んでパトカーに乗車させる

・警察官3人で体に触れて押し止める

・ガサビラでガサ(捜索)すると偽って承諾を得たうえでの所持品検査

いろいろと挙げましたが、結局のところ、犯罪の嫌疑の濃さと職務質問の必要性・相当性を考慮して、個別具体的に適法/違法の判断がなされることになります。

基本的には、逮捕・捜索・差押えなどの強制に至らない限りは、適法と判断されやすいと考えておくべきでしょう。

5 職務質問がどうしても嫌なとき


職務質問がどうしても嫌だという場合には、明確に拒絶の意思を示すことが重要となります。拒絶をしても警察官はしつこく説得を続けてくると思いますが、それでも拒絶をすることが必要です。ただ、警察官も全く理由なく職務質問をしているわけではないでしょうから、できる限り協力してあげてくださいね。

6 動画


関連記事

  1. 内容証明郵便ってなに?
  2. 「拘留」と「勾留」の違いについて
  3. 商標ってなんだろう?
  4. 無人島で特に気をつけるべき法律について
  5. 事件になる前にできること
  6. 痴漢に疑われた場合どうすればいい?(冤罪対策)
  7. 祭りくじの法的解説
  8. 不倫の慰謝料額ってどれくらい?
PAGE TOP