白い粉ドッキリ事件に学ぶ略式手続

1 はじめに


以前、とあるYouTuberが警察署の前で白い粉を落として全力で逃走するという事件(通称「白い粉ドッキリ事件」)が起こりましたが、それを題材に略式手続について学んでいこうという動画です。

2 略式手続ってなに?


略式手続とは、簡易裁判所が、その管轄に属する軽微な事件について、略式命令により、100万円以下の罰金または科料を科す手続をいいます。ざっくりと言えば、軽めの犯罪の場合に簡単な手続で金銭的な刑を科すものです。略式命令を下す場合、書面だけを審査して判断することになります。通常の裁判手続では、死刑のほか、懲役・拘留といった自由を奪う刑罰を科すことができますが、略式手続でそうした自由刑を科すことはできません

3 略式手続の流れ


略式手続の流れは以下の通りです。

①略式請書作成 ※略式手続で異議がないことを書面で確認するもの

②略式請求(検察官)

③略式命令(裁判所)

すなわち、被疑者(容疑者)が略式手続で問題ないとした場合に限って、略式手続をとることができるのです。

4 動画


 

 

関連記事

  1. 内容証明郵便ってなに?
  2. 職務質問ってどこまで許される?
  3. 無人島で特に気をつけるべき法律について
  4. 祭りくじの法的解説
  5. 痴漢に疑われた場合どうすればいい?(冤罪対策)
  6. 事件になる前にできること
  7. 不倫の慰謝料額ってどれくらい?
  8. 商標ってなんだろう?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。