「拘留」と「勾留」の違いについて

1 はじめに


読み方は同じで漢字一文字の違いではありますが、大きく異なりますので注意する必要があります。

2 拘留と勾留の違い


拘留と勾留はいずれも「こうりゅう」と読みますが、一文字違いで中身は全然違います。

拘留刑罰(刑事裁判で有罪となり、刑の執行として科されるもの)

勾留非刑罰(身柄を確保するための手続)

少々わかりにくいかもしれません。もう少しかみ砕いて説明すると、拘留を科されると刑務所に入って働かなければなりません。しかし、勾留が決定されても刑務所に入る必要はなく、もちろん働く必要もありません。勾留は単に身柄をとどめておくだけの手続ですので、強制的に働かせることはできないのです。

3 動画


チャンネル登録をお願いします!

関連記事

  1. 内容証明郵便ってなに?
  2. 無人島で特に気をつけるべき法律について
  3. 不倫の慰謝料額ってどれくらい?
  4. 白い粉ドッキリ事件に学ぶ略式手続
  5. 事件になる前にできること
  6. どんな場合に離婚できるの?
  7. 痴漢に疑われた場合どうすればいい?(冤罪対策)
  8. 職務質問ってどこまで許される?
PAGE TOP